1000日後までにアーリーリタイアを目指す

1000日後にアーリーリタイヤを目指したサラリーマンの日々の記録

100年投資家GPIFの複利効果とその実力

GPIFの2020年4-6月期の運用成績が発表されました。

日本株式・日本債券・外国株式・外国債券の4資産に分散した超長期投資家の実力が発揮された形となりました。

 

 2020年4-6月期の運用状況
  2020年Q1 市場運用開始以降
収益率 +8.30% +2.97%
収益額 +12兆4868億円 +70兆0245億円
うち利子・配当収入 1兆0160億円 38兆1572億円

●四半期として2016年10~12月期の10兆4971億円を超える過去最高の運用益

●四半期ベースで2四半期ぶりの黒字

●戻り相場をしっかりとれているのは下がった局面でもリスクを落さなかったから

 

 運用開始以降のインカムゲインの推移

f:id:pin-mile:20200808085430p:plain

複利効果を狙う

●GPIFの収益のインカムゲインはキャッシュとして保有せず、自動的に再投資

金利低下により日本債券のインカムゲインの割合は減少傾向

●累積でのインカムゲインは37兆1412億円、2019年は3兆2406億円

 

 2020年6月末のポートフォリオ

f:id:pin-mile:20200808075251p:plain

 

 外国株式組み入れ上位銘柄 2020年3月末時点
  銘柄名 時価総額
1 MICROSOFT CORP 1兆1576億円
2 APPLE INC 1兆0791億円
3 AMAZON.COM INC 8263億円
4 FACEBOOK INC-CLASS A 3873億円
5 ALPHABET INC-CL C 3697億円
6 ALPHABET INC-CL A 3538億円
7 ALIBABA GROUP HOLDING-SP ADR 3374億円
8 JOHNSON & JOHNSON 3230億円
9 VISA INC-CLASS A SHARES 3068億円
10 NESTLE SA-REG 2954億円

●上位はハイテク株GAFAMが占めています
 

 国内株式組み入れ上位銘柄 2020年3月末時点
  銘柄名 時価総額
1 トヨタ自動車 1兆3645億円
2 ソニー 6854億円
3 日本電信電話 6505億円
4 キーエンス 5247億円
5 KDDI 4967億円
6 三菱UFJフィナンシャル・グループ 4919億円
7 NTTドコモ 4713億円
8 ソフトバンクグループ 4676億円
9 武田薬品工業 4649億円
10 任天堂 3988億円

 

 おわりに

GPIFは100年を見据えた超長期投資家で運用報告書にはしっかり複利の大事さも記載されているのでとても参考になります。

今Q1はコロナショックからの急回復のため、不用意にリスク資産を落とすことなくホールドすることの大切さを実感できるものでした。

 

めざせ30歳代でアーリーリタイア!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村